外壁塗装時の雨などの天気の影響とは?

外壁塗装時の雨などの天気の影響

外壁塗装を行う際には、雨等の天気を気にする必要があります。
なぜならば、雨が振ると外壁塗装が出来ないからです。
外壁のヒビなどの隙間から雨が入り木材や中の断熱材が腐ったりしますので、大きく外壁塗装に影響すると言えます。
業者もプロで分かってはいると思いますが、ヒビ割れなどを発見したらすぐに対応してもらうようにしてください。

雨の日になった分だけ施行期間が遅れるので、梅雨の時期などは本来の予定よりも大幅に遅れるという事があります。
事前にしっかりと業者の方と打ち合わせをして、計画を立てるようにしましょう。

また、外壁塗装の日には、窓を締め切りになりますので、クーラーがない場合には、事前にしっかりと対応をしておかなければなりません。

天気の他にも気候による影響もあります。
気候による影響というのが、気温が5度以下になると塗装ができない可能性が出てきます。
日本ではあまり気候に左右される事もありませんので心配する必要はほとんどありませんが、東北地方などの寒い地域にいる場合には、事前に業者に確認しておくのが良いと思います。

業者によっては、規定があって施行できない日がある場合もあります。
色々な業者と比較してみると分かりやすいと思います。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す