外壁塗装の重ね葺きとは?

外壁塗装の重ね葺きとは?

外壁塗装を行う際に、重ね葺き(かさねぶき)という用語が出てくるのですが、今回は外壁塗装の重ね葺きについて記載していきたいと思います。
重ね葺きというのは、既存の屋根を撤去する事なく、新しい屋材を被せるという方法です。

外壁塗装を行う際には、屋根の重ね葺きとセットにして依頼する人が増えてきました。
どちらにしても耐久性を向上させるために必要な事なので、いずれは施行する必要が出てくるわけですが、外壁塗装と重ね葺きを一緒に行う事で、料金を安く抑える事ができます。

なぜ、安くできるのかという言うと、セットにする事で、足場を設置する料金を一緒にする事ができるという事と、人件費を抑える事ができるという2点が理由としてあげられます。
足場の料金自体が高いので、セットで施行を行うという事は非常にメリットが大きいと思います。

重ね葺きを行う際の注意点とは?

重ね葺きを行う際の注意点としては、瓦・セメント瓦・波版スレート、金属たて葺きなどの屋根の場合には行う事ができません。
そのあたりに関しては、業者の方と相談をすると良いでしょう。

屋根の施行に関しても、様々な種類があり、自分に合った施行方法というのが存在します。
自分の家に合ったプランを提案してもらえる業者を探すためにも、色々な業者を見ておきましょう。
価格はもちろん、サービスも業者によって異なりますので、自分に合った業者を見つけるためには色々な業者を比較する必要があります。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す