外壁塗装の重ね張りとは?

外壁塗装の重ね張りとは?

外壁塗装での重ね張りというのは、その名の通りなのですが、現状の壁を修復し、その上から新しい壁を貼付ける事を言います。
古い壁を修繕し、さらに新しい壁を貼付けるという事で、格段に耐久性が向上するというメリットがあります。

その他にも外観も大きく変わり、見た目もかなり良くなります。
様々なデザインがありますので、業者の方にサンプルを見せてもらいながら決めていくと良いでしょう。

デメリットとしては、施行費が高いという所があげられます。
ですから、通常で外壁塗装ではあまり利用される事はないのですが、災害などで外壁にひびが発生した場合などに用いられます。

耐久性の向上や外観を変えることができるという事の他にも、防音や防火にも優れています。
様々なメリットがあり費用面さえクリアしてしまえば、かなり魅力のある施行だと思うのですが、自分の家の状況に合っているかどうかというのも診断をしてみない事には分かりません。
家に合っているかどうかというのも非常に重要で、重ね張りに適していない場合もありますので、そのあたりに関しては、業者に一番最適な施行方法を提案してもらうと良いと思います。

技術力のある業者に依頼するためにも、必ず様々な業者を比較してください。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す