外壁塗装の見積りの内訳とは?

外壁塗装の見積りの内訳について

外壁塗装を行う上で、最初に必ず業者に見積り依頼を出しもらいます。
その見積書の内訳を知る事で、より安く、技術力のある業者に外壁塗装を依頼する事ができるようになります。
ですから、見積書を見れるようにするというのは非常に重要な事です。

見積書の内訳とは?

塗料などの材料費用:20%
足場代:20%
人件費:30%
営業費:30%

おおよそ上記のような内訳になっていきます。
もちろん、業者によっても異なります。
大手よりは地元業者の方が営業費にかける費用というのは少なくなります。
その逆に材料費などに関しては、大手が大量仕入れによるコストダウンをしています。
見積書に記載されている数字というのは必ず理由があります。
上記で記載された内訳と大幅に異なる場合には、業者に問い合わせする事をオススメします。

特に訪問販売で契約した場合に、割引というのが必ずあります。
その際には、どの内訳の部分が割引をされているのかというのを知る事が非常に重要です。
営業費の部分以外の割引の場合には手抜き工事になる可能性もありますので、要注意です。
例えば、3回塗りというのが基本ですが、2回塗りになっているなどの場合には手抜き工事になっています。
その他、塗装工事の日程数を減らされているというのも要注意です。
綺麗に仕上げるために、塗料の乾燥の時間などある程度必要な日数というのが存在します。
あまりにも早く終わる施行は確認が必要になります。

また、各項目は業者ごとに価格というのは異なります。
ですから、複数業者に見積り依頼して比較するというのは非常に重要な事です。
必ず行うようにしてください。

当サイトでは「ヌリカエ」をオススメしています。
下記より簡単に一括見積りが可能なので、ぜひ試してみてください。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す