外壁塗装の現地調査には立ち会いが必要なのか?

外壁塗装の現地調査の立ち会いについて

外壁塗装を行う際には、現地調査というものが必ずあります。
この現地調査を行わなければ、家の状況が把握できず、的確な施行を行う事ができません。
この現地調査によりどの部分が悪いのか、塗料の種類はどうするのか、施行方法はどうするのかを検討していきます。
そのデータを基に業者側が提案書にまとめて依頼主に提出してくれるというわけです。

現地調査では、家の広さ、壁の状態、近隣の状況などを調べていきます。
そこで疑問に思う方もいると思うのですが、業者の人が家を調べるわけですから、立ち会いが必要なのではないかという事。
仕事の都合などで立ち会えない場合はどうしたらよいのか?という疑問を持つ方もいると思います。

現地調査に立ち会えない場合には?

業者側も多くの施行を行っており、現地調査に立ち会えない場合というのも想定しています。
もしも、依頼主が立ち会えないという場合には、業者は外を見て判断をします。
立ち会えないという場合には、業者側に設計図や図面を渡しておきましょう。
その他、外壁塗装業者に事前に立ち会えない事を報告しておいて、指示をもらうようにしてください。

絶対に立ち会わなければならないという事はありませんが、出来れば現地調査には立ち会うようにしてほしい所です。
業者側も色々と聞きたい事もありますし、自分でも知っておきたい所は業者側に質問したいですよね。
自分で行けない場合には代理の人を立てるかして、立ち会いする事をオススメします。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す