外壁塗装が減税の対象となる

外壁塗装で減税をする事ができるのでしょうか。
そんな疑問を思った方も多いと思います。

外壁塗装を行う際には、住宅ローン減税を利用できる可能性があります。
こちらの制度を利用する際には、ある程度の規模の外壁塗装を行う必要がある事は注意しなければなりません。

【減税対象となる条件とは?】

・家の主要構造部である一部分、もしくは一以上の部分に対する過半の修繕や模様替えが必要
・住宅ローン減税を受ける年の合計所得額が3,000万円以下である事
・費用が100万円を超える工事
・居住部分の工事費が改修工事全体の費用の2分の1以上
・10年以上のローンである事

上記の条件が必要となりますので、全ての外壁塗装が減税できるわけではありません。
一般住宅の家であれば、100万円を超える事も少ないので、減税対象となる物件も少ないかもしれません。
外壁の塗装、屋根の塗装、グレードの高めの塗料、その他オプションなどを利用する事で、100万円を超える工事はいくと思います。

また準備するものもあります。
条件を満たした状態で、増改築証明書が必要となります。
この増改築証明書ですが、税務署に持参します。
外壁塗装業者も減税について詳しいと思いますので、一度相談もしてみると良いでしょう。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す