外壁塗装の流れとは?

外壁塗装の流れについて

外壁塗装の流れを知っておく事で、プライベートのスケジュールも決めやすいですし、メリットは大きいと思います。
高額取引になりますので、より多くの情報を知っておくというのは重要な事です。
当ページでは、どのような流れで施行をしていくのかを見ていきます。

外壁塗装の流れ

1.見積り依頼
まず初めに見積り依頼をします。
一括見積りで行うか、自社ホームページからの見積りフォームから行います。
この時点で費用がかかるという事はありません。

2.現地調査
現地調査を行い、正確な見積りと、家の状態がどのようになっているのかを正確に判断をします。

3.提案書の提出
現地調査のデータを基に、提案書を提出してくれます。
診断レポートも作成してくれる業者もありますので、それらの資料を基に丁寧にプランを提案してもらう事ができます。

4.契約
納得した時点で契約となるのですが、全額前払いという事は絶対にありませんので、その辺は注意してください。
クーリングオフをする場合には、条件がありますので、事前に確認をしておきましょう。
⇒「クーリングオフについてにはコチラを参照してください

5.挨拶まわり
施行の前に、業者の方が代行して近所に挨拶まわりをしてくれます。
業者が行ってくれるのですが、仲の良い所などは自分でも行っておきましょう。
外壁塗装スケジュール、業者の緊急連絡先などを伝えておきます。

6.足場設置
外壁塗装をするために、足場を設置します。

7.下地調整
サンドペーパーなどで微細な傷を付けていき、塗料の密着度を高める作業です。
また、ヒビ割れなどがある場合にはこの時に処理をしていきます。

8.高圧洗浄
外壁についているカビなどの汚れを高圧洗浄で洗い流していきます。
汚いままだと塗料の密着度が低下し、耐久性も落ちます。

9.養生
塗料が飛び散らないようにブルーシートのようなもので家の周りを覆います。
車などにシートを掛けてくれる業者もありますが、事前に確認をしておきましょう。

10.塗装
外壁塗装を実際に塗装していきます。
基本的には、下塗り・中塗り・上塗りと3回塗ります。
3回を下回る場合には手抜き工事の可能性もありますので、しっかりと見積書を確認してください。

11.作業完了
塗装が終われば、依頼主の確認作業があります。
手直ししてほしい所があれば、この時点で言うようにしてください。
作業に納得した時点で、養生や足場を解体していきます。

12.アフターフォロー
高額取引でトラブルになりやすい業者なので、アフターフォローは非常に重要になってきます。
施行内容によって、保証内容や保証期間が異なりますので、契約前にはしっかりと確認をしておくようにしてください。

全体を通して、1週間から2週間かかります。
雨の日には作業ができませんので、スムーズにいけば1週間くらいで完了します。
自分のプライベートなスケジュールなどもあると思いますので、業者の毎日の報告はしっかりと聞くようにしてください。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す