外壁塗装の施行期間は長い方が良い?

外壁塗装の施行期間は長い方が良いのか

外壁塗装を行うにあたって、当然ですが施行期間がある程度必要になります。
耐久性を向上させるために、塗料の乾燥期間を設ける必要があるため、最低限の施行日数が必要になります。
だいたい1週間程度なのですが、それよりも下回る場合には、業者に施行の流れについて確認をしておきましょう。
最悪の場合、手抜き工事なんていうトラブルになる可能性もなきにしもあらずです。
手抜き工事になると、本来の耐久性はないため、数年の間に塗料の剥がれがあった、外壁にヒビが入ったなどの報告もあります。

施行期間があまりにも短いとデメリットがあるとお話してきましたが、逆に施行期間が長いとどうなのでしょうか?

結論から言うと、施行は長い期間をかけ丁寧に作業をする事で耐久性を向上させる事ができます。
しっかりと、下塗り・中塗り・上塗りを3回以上行い、塗料を乾かす期間を設け、外壁の清掃に時間をかける…
作業を丁寧に行おうとするとそれだけ時間がかかります。

しかし、施行期間が長いという事でデメリットもあります。
何かというと、それだけ人件費がかかるという事です。
ですから、業者に施工期間を確認すると共に、価格についても見る必要があります。
価格について分からないという事であれば、他の業者と比較してみると分かりやすいと思います。

その他、施行期間が長くなるという事はスケジュール管理などが大変になるという事にも繋がります。
通常の施行が長引くと天候による施工期間の予備日も考慮に入れる必要があります。
分からない事があれば、随時業者に確認するようにしてください。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す