外壁塗装の塗り残しがある場合には?

外壁塗装のトラブルのひとつとして、塗り残しがある場合があります。
業者もプロですから、悪徳業者でない限りは塗り残しがあるような事はほぼありません。
ですが、優良業者でも100%起こらないという保証はどこにも無いのです。
そのため、この塗り残しがあった場合の対策について考えておく必要があります。

業者が塗り残す原因とは?

業者が稀に塗り残しをしてしまう理由のひとつとして、光の当たり具合というものがあります。
また、依頼主の最終的には引き渡し前に確認を行うのですが、それでも見逃すわけです。
もしも塗り残しがあった場合には、必ず業者に問い合わせをするようにしてください。
塗り残しは明らかな業者のミスです。
ですから、無償で塗り直しをしてもらう事ができます。

塗り直しをしてもらう際の注意点

塗り直しをしてもらった際には、塗り直し部分の色を確認してください。
前の塗料の色との違いが分かってしまう事がありますので、その場合には分からなくなるように再塗装をしてもらう事ができます。
対応力の悪い業者と契約をしてしまった場合には、国民生活センター、無料法律相談に相談をしてみると良いでしょう。
また、一括見積りサイトにて業者を紹介してもらった場合には、一括見積りサイトの運営会社に連絡をしてみるのもひとつの手段です。

塗り残し対策

塗り残しをさせないための対策として、塗り回数の確認をすると良いでしょう。
塗り回数は通常であれば3回塗りというのが基本です。
それ以下の場合には耐久性がもろくなりますので、業者に指摘しましょう。
3回塗りを行う事で、塗り残しのトラブルを回避する事ができます。

塗り残しがあると、劣化の進行を早めてしまいますので、発見した場合にはすぐに業者に相談するようにしてください。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す