外壁塗装のチョーキング現象とは?

外壁塗装のチョーキング現象

外壁塗装で良く出てくる用語の一つとして、チョーキング現象というものがあります。
チョーキング現象というのは、壁を触った際に白い粉が付く事です。
なぜ白い粉が付くのかというと、外壁は常に太陽の光、紫外線、風、雨などにさらされています。
そのため、壁が劣化し白い粉が出るようになるというわけです。

このチョーキング現象というものは、外壁塗装を行うタイミングを知るための重要な役割があります。
家の外壁を触った際に、手に白い粉が付くようであれば、外壁塗装を検討した方が良いでしょう。
外壁であれば、どの部分でも問題ありません。

10年に1度のタイミングで塗装工事をした方が良いといわれていますので、それよりも早い段階でチョーキング現象になるようであれば、前に依頼した施行が手抜き工事の可能性もあります。
一度、業者に家の診断の依頼をしてみても良いと思います。
家の診断は無料で行ってくれる所はほとんどですが、有料の所もありますので、事前に確認をしておきましょう。

ちなみに、チョーキング現象は定期的に行った方が良いです。
できれば1年に1度は最低限、家の壁を触るようにしてください。

チョーキング現象を発見した際には、業者に相談する事をオススメします。
放置すると悪化し、後々に大規模な修繕が必要になる事もあります。
外壁塗装をした方が経済的にお得になる場合がほとんどなのです。

外壁塗装業者によっても、価格やサービスは大きく異なりますので、相談する業者選びには特に慎重になりましょう。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す