外壁塗装のゴンドラ工法とは?

外壁塗装のゴンドラ工法というのは、足場を組まずに作業を行うこと工法のことです。

通常であれば、しっかりと足場を組みます。
足場を組むことで踏み場がありますので、塗料をしっかりと塗ることができます。
では、ゴンドラ工法はしっかり塗ることができないのか?と言われればそんなこともありません。
ただし、施工業者は選ぶ必要があります。
ちゃんとした技術が必要となりますので、業者を選ぶ際には過去の実績などもしっかりと聞いておくようにしてください。
またその他にも保証期間、内容もかなり重要な項目となりますので、確認しておきましょう。

ゴンドラ工法を行うメリットとしては、足場を組むスペースがない場合などに行うことができること、足場の費用がかからないので、施工費が安くなるというメリットがあります。
また養生シートを使用することがありませんので、防犯対策も行うことができます。
ただし、塗料の飛散リスクもありますので、どのように施工を行うかはしっかりと確認しておいてください。

無足場工法の中には、ゴンドラ工法以外にもブランコ工法も存在します。
取り扱いの業者も限られていますが、色々な業者を見ておくことをオススメします。
色々な業者を見ることで、価格やサービス面も比較できますので、契約をする前に3社くらいは見ておきましょう。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す