外壁塗装のコーキングとは?

外壁塗装のコーキングとは?

外壁塗装で使用される用語のひとつとして“コーキング”というものがあります。
コーキングというのは、機密性や防水性のために施行される隙間を目地材などで充填する事です。

言葉で説明すると分かりにくいと思いますので、画像を参考にしてください。
自分の家の外壁にもある方もいると思います。
外壁塗装を行う際には、このコーキングの打ち増し、打ち替えというのが非常に重要になってきます。
職人の腕によって大きく左右される施行なので、技術のある業者に依頼したい所です。
もしも、腕の悪い業者が施行した場合には、ひび割れの原因にもつながり、余分な費用がかかってしまうケースもあります。

コーキングの打ち替えというのは、コーキングボンドを新しいものに変える作業の事です。
寿命も存在して、次に施行をするタイミングとしては、5〜6年です。
その位の年数を目処に業者に診断をしてもらうのも良いと思います。
家の診断自体は、無料で行ってくれる業者が多いので、気になる業者に気軽に問い合わせをすると良いと思います。

最近では、DIY塗装というものが流行っていますが、コーキングを行う事はオススメできません。
素人では難しい施行内容になっていますので、費用がかかっても業者に依頼する事をオススメします。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す