外壁塗装で絶対に注意しなければならない事とは?

外壁塗装時に注意する事とは?

外壁塗装を行う際には注意しなければならない事は沢山あります。
素人では分からない部分も多いと思いますので、信頼のおけるプロに依頼するというのも非常に重要な事なのですが、自分で最低限の知識を身につけるというのも必要になってきます。
では、早速外壁塗装で注意しなければならない事について記載していきたいと思います。

外壁塗装で絶対に注意しなければならない事って?

1.信頼のおける外壁塗装業者を見つける
業者選びを間違えるだけでも、とんでもない大損をする可能性がある事をご存知でしょうか。
単に近所にある業者に任せた、知り合いの人に紹介をしてもらった、面倒だから大手業者に任せたなど…
様々な理由で業者を選ぶと思うのですが、比較せずに1社だけで契約を決めてしまうというのは非常に危険な事なのです。
様々な業者が存在しますが、大きく分けると下記の通りに分ける事ができます。
「訪問販売業者」「地元業者」「大手業者」「知り合いの業者」「一括見積りサイトに紹介してもらった業者」
上記のものがあげられます。

上記の項目の中で、一括見積りサイトからの紹介以外は、リスクが高いと言えます。
訪問販売については、一番トラブルが多い販売形態なので、絶対に契約をしないようにしてください。
地元業者・大手業者というのは、サービスが良いのか、価格は安いのか、比較しない事には分かりません。
知り合いの業者だから安心というのも危険です。
家の状況によって、最善の業者選びというのが存在します。
その人は良くても自分にはもっと良い業者があるという場合も少なくはありません。

一括見積りサイトからの紹介の場合であれば、しっかりとした運営会社からの紹介なので、優良業者ばかりですし、必ず複数業者と比較する事ができます。
価格が安くて、技術が高い、サポート体制もしっかりとしているので、オススメです。
無料なので、外壁塗装を検討している方は一度試してみると良いでしょう。

2.塗料で手抜き工事!?
塗料の種類の中で「単層弾性塗料」というものが存在します。
その塗料を本来よりも余分に水で薄めるというトラブルがあります。
塗料を水で薄める事で、業者側はコストダウンをはかる事ができます。
しかし、耐久性が低くなり手抜き工事と同じになりますので、十分に注意が必要になります。
もしも、見積書にて単層弾性塗料というものが入っていれば必ず業者に確認しておきましょう。

3.見積書の確認
見積書を適当に記載する悪徳業者が存在します。
特に多いのが、単位の部分に「一式」と表示をしている所。
一式となっているという事で、詳細が分からず業者が手抜きを行っている可能性もあります。
単位に一式とある場合には必ず詳細を確認しておきましょう。
また、あくまでも見積書なので、場合によっては追加料金になる可能性もあります。
追加料金の事についてもあらかじめ契約前に確認をしておいてください。

4.支払い
支払いに関しては、基本的には施行が終わった後に入金します。
金額が大きい場合には一部着手金が必要になる場合はありますが、施行前に全額入金という事はありえません。
また、訪問販売のような、「今契約をすると○○万円割引をします」という契約は絶対にしないようにしましょう。

他にも細かい部分で注意した方が良い所もありますが、最低限上記の4つについて守っておけば効率の良い外壁塗装を行う事ができます。
1日15件以上の被害相談がある位、トラブルの多い業界です。
ですから、事前に対策がとれる所はしっかりと取っておきましょう。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す