外壁塗装でやり直し工事って出来るの?

外壁塗装でやり直し工事について

外壁塗装では施行後のトラブルが起きる可能性は他の業界と比べて高いと言えます。
例えば、施行後に自分が思っていたイメージと違うというものから、手抜き工事による塗料の剥がれなど様々です。
その中で、外壁塗装の施行後にやり直しを要求したいという方も多いと思います。

やり直しの施行は可能か?

外壁塗装を行う上で、業者と詳細な打ち合わせをします。
やっぱりイメージと違ったというトラブルが起こらないようにするためにも業者側も非常に念入りに行います。
その中でも色のトラブルは多いと言えます。
打ち合わせの際に決定したはずの色を外壁に塗ってみるとイメージしていたものと違う…、机上で話していたものと実際に見る外壁とでは大きさも違いますし、太陽の光の当たり具合も異なります。
そのため、イメージが違うという自体に陥るというわけです。
その際にやり直しをしてもらう事はできるのでしょうか?
答えはできません。
なぜならば、しっかりと打ち合わせをしているからです。
あくまでも業者側の責任ではありませんので、やり直しを行う事はできません。
ですから、特に色の打ち合わせというのは納得するまで行う必要があります。

施行後のやり直しができる場合もあります。
それは、業者側にミスがあった場合です。
例えば、「塗料がすぐに剥がれ落ちた」「塗り残しがある」様々な事があげられます。
この場合には速やかに業者に報告をし、無償でやり直しをしてもらいましょう。

最後に

どうしても気になる所があって、やり直しをしてほしいという事であれば、一度業者に相談をしてみると良いでしょう。
通常であればやり直しができない場合でも、業者のサービス内容によっては行える可能性があります。
聞いてみるだけ無料なので、試してみてください。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す