外壁塗装での汚れ防止対策はどうする?

外壁塗装での汚れ防止対策

外壁塗装を行う際には、塗料を使用するという事もあって、防汚対策を気にする方もいると思います。
業者も素人ではありませんので、塗料の飛散防止のために養生(ようじょう)というものを施します。
養生というのは、ビニールシートで汚れてはいけない部分を覆う作業です。
この養生をしっかり行う事で、汚れが付いたというトラブルも避ける事ができます。

しかし、ごく稀ではありますが、養生が甘かった事が原因か車などに塗料が飛び散った、隣の家の壁に塗料が付着してしまったという事で、トラブルになる事もあります。
ですから、万が一の場合に備えて、本当に大切なものは施行の間だけでも別の場所に移動するなどの対策を取りましょう。

業者側が原因で塗料が物に付着した場合

当然ではありますが、物に塗料が付着した場合には弁償をしてもらう事ができます。
ただし、注意しなければならない事があります。
車などに付着した場合には、修理代金を請求できるのですが、板金屋などに持っている際にかかる燃料費や通信費などに関しては請求することができないのです。

トラブルになった場合、しっかりと対応してくれる業者なら最悪大丈夫なのですが、中には対応が悪い所もあります。
弁護士を通さなければならない業者もあるかもしれません。
弁護士費用などもかかりますし、かなり面倒な事になりますので、出来れば別の場所に移動するなどの対策は取っておきたい所ですね。

トラブルが起きないことが一番良いのですが、万が一に起きない保証はありません。
ですから、業者選びというのも本当に慎重に行っておきたい所。
色々な業者を見て、納得のできる、信頼のできる業者に依頼するようにしてください。


《138万円⇒48万円になった一括見積りサイトとは?》

外壁塗装の一括見積りをする

【ヌリカエとは?】

  • 30秒の手間で適正価格診断が出来る
  • 匿名入力が可能(住所の入力も不要)
  • 業者への断り代行をしてくれる
  • 見積りにて100万円以上安くなる事もある
実際に利用した人の中には100万円以上お得になった方も、沢山います。
参加する業者に関しては、一定の審査基準をクリアした優良業者のみなので安心です。
もちろん、無料で利用する事ができます。

⇒「外壁塗装を検討している方はまずはここをクリック」

矢印 矢印 矢印 矢印 矢印

コメントを残す